三日坊主のyume日記

ちょっと聞いてみる?(笑) 音楽好き、踊るの好きなファンキー主婦の チョー勝手気ままなおしゃべりだよん♪

スポーツ

試合日程が決まりました!

第91回全国高校野球選抜大会が8月8日から始まります野球

我らの北海道代表、北北海道代表旭川大は、大会2日目、8月9日(日)の11:00 第2試合 で
初出場の常葉橘(静岡)と対戦となりました。

なんでも常葉橘には、最速147キロ投手がおるそうで、
初出場とはいえ、勝ち抜いて来たチームなのだから、気張って行けよーーー力こぶ

そして、南北海道代表札幌第一は、大会5日目、8月12日(水)12:00 第2試合で
こちらも初出場の鳥取城北(鳥取)
と対戦となりました。

鳥取城北は、守備も手堅 く、コツコツと点を取るチームらしい。
お互いにコツコツと点を取る粘り強く戦いになりそうで楽しみ?力こぶ


旭川大は、一回戦が2日目だけど、札幌第一は5日目だから、
向こうでの調整期間が長い分、上手に調整して当日を迎えて欲しいね音符

拍手バニー拍手バニー拍手ホッカイ、チャチャチャ拍手バニー拍手バニー拍手

テレビかじりつきの日々になりそーう笑顔

兄ちゃんの友達の姿見たら嬉しくて泣いちゃうな???悲しい
「うるさい!泣きすぎ!黙って応援してなさい!」って兄ちゃんにつねられるかもウインクあははははー音符

今年も熱いぜ甲子園!!

決まりました!!
第91回全国高校野球選手権大会 北海道代表校決定!


今年の南北海道代表は、札幌第一クラッカー
北北海道代表は、旭川大クラッカー

みんな??おめでとうーーーーーっ!!拍手拍手拍手

なんと、息子の友達がおるとですよ!
活躍してたとですよ!
親もと離れて遠く離れた高校行って、甲子園に出たいという夢を叶える事ができたとですよ悲しい

翌日の新聞見て、一面の記事に名前を見つけた時、泣けてしまいました?悲しい
息子と小・中を共に過ごしてきた彼をテレビで応援できるなんて・・・おばはん嬉しいです悲しい


楽しみです力こぶ

2009年8月8日から15日間(雨天順延)
開催地:兵庫県西宮市・阪神甲子園球場
参加校:全国47都道府県の49代表校
(北海道は南北、東京都は東西の各代表校)

WBC優勝だい!!

やってくれました音符
WBC日本代表侍ジャパン!!

日本に喜びを与えてくれましたね音符

決勝、五回目の韓国との試合。
三回表で1点入れて、五回裏で韓国に1点。
七回表で中島のタイムリーヒットに喜んだ。
八回表で、二点差勝利と思いきや、八回九回と入れられ同点へ。

テレビの前で祈ってました。
マックでゲットした「勝って勝って勝ちまくれ」のファイルを持って応援したよ。
そして、勝負の十回表。イチローがタイムリーヒット!
走者二人がホームに返り、日本が二点勝ち越しに成功!

さすがです。
プロです。

そして、守りの十回裏。
ダルビッシュがスライダーで守りきり、あのガッツポーズを観ることができました!
バントを入れた原監督の指示もあっぱれ。

ありがとう日本代表!!

さっ、元気をもらったあたしたちも頑張らないとねびっくり

キタジマくんからのメッセージ

今日、宅配で本が届いた。

やっと手に入った。

北島康介さんの『前略、がんばっているみんなへ』


発売前にフジテレビの「とくダネ」
小倉さんが冒頭話題で紹介していて、買って読んでみたい!と思った本だ。

10月入って忙しかったので「そのうち買おう♪」って気楽に思っていた。
先週、近くの本屋に買いに行ったら「在庫切れです・・・」と言われた。
しかも、店長さんがネット調べてくれたけど初回発行部数は出て在庫なしとのこと。

困った困った困ったどひゃ???困った

家に帰っていつものア○ゾンで検索したら、やっぱり在庫なし・・・。
あちこちネットで探したら、紀伊国屋にありそーだったので注文してみた。
その本が先ほど着き、読み終えたw
(またじっくり読もうと思う)

小学生も読めるよう、かながふってある。

北島さんと水泳との出会い、練習のこと、食事のこと、大会のことなど
色々な場面場面を彼の言葉で語っていた。

特別じゃないけど、特別になったのは、
小さな頃からの考え方や、彼の思い方が前向きだったからだなんだと思った。
そして、その前向きさを育んで来れたのは、彼の周りの人たちのおかげ。
両親であり、コーチであり、友であり、先輩であり、応援しているみんな。

本の中に「レースは招集所から始まっている!」とあり、
レース前の招集所での他の選手の様子や彼の心境などを語っている。

我が家には高校受験の勉強の真っ最中の息子がいるのだが、
来年の春に味わう試験会場も、こんな空気だろうから、
これを読んだら、心地よい緊張と集中が得られるじゃないかな?って思った。

この本は、スイマーの子たちには、もちろんだろうけど、
いろいろな場面場面でも当てはまるな??って思ったよ。

子どもだけじゃなく、親のあり方・大人のあり方も感じ取ることができ、
大人へのエールも届く本でした。

「目標は夢に近づくための階段」と彼は語っている。

そうなんだよね?。
子どもが「消防士になりたい」「看護士さんになりたい」と言ったところで、
成れる年齢じゃないし、今すぐ叶えられない。

それはあくまでも夢。

でも例えば消防士になるために体力をつけておくとか、消防少年団に入ってみるとか、
今出来ることを目標にしてがんばることが出来るもんね。

北島さんは、そういった出来る目標を達成することで、
いつの日か夢が目標になる(夢じゃなくなる)って語っている。

一つ一つ、目標を達成していけば、夢に近づける。

当たり前のことを当たり前にできることって、実は当たり前じゃなかったりする。
でもその当たり前なことを当たり前にすることが、実は大切で、
それが特別な何かに繋がってるってことを改めて気づかされましたびっくり

がんばるってステキだねラブ

残念だが・・・

そう何度も勝てるものでは無いのが高校野球の面白さ・・・と思おう・・・。

苫駒・・・負けちゃったね・・・。
2-0で先発走ってた4回裏・・・まだ4回だしとは思ってた。
5回表に1点入れられ、裏に1点追加の3-1
6回表に1点入れられ3-2と、1点を追った9回・・・三点追加の3-5の逆転劇。

送球ミスがあちこちと・・・。

あ???一昨年、昨年の苫駒の逆転攻撃劇を思い出しちゃったよ・・・。
逆の立場だったけどね・・・。

TVの前で「まっ、3年生最後だ!頑張れ!思いきって行け!!」って応援してたら、
ツーアウトランナーなしから、なんとか二塁まで繋げてくれた!!
そして追加の1点!!4-5

でも流れが変わるのが遅かった・・・。

しゃ?ないけど、頑張った頑張った!

さて・・・この後、どこ応援しようかな・・・落ち込み
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ